医師キャリアと子育てなどは両立できるのか

結婚、婚活が非常に大変であるという話をした直後で恐縮ですが、引き続きお話をしていきたいのが、女医の皆さんにとって、医師としてのキャリアと、子育てなどの家庭生活を両立させることは果たしてできるのか、という点についてです。

今回はこのテーマに沿って様々な情報をご紹介していきたいと思います。

【女性医師における仕事と家庭。気になる事情について】

女性医師の離職率は高く、これは以前より大きくは変わっていません。

その理由は本題にもある通り、女性には様々なライフイベントがあり、どうしても仕事の第一線から離れなければいけない機会が訪れやすいからです。

妊娠出産子育てをしながらママとしての生活をする一方で、仕事を続けるというのは正直なところ「難しい」と言わざるをえません。

そのため、基本的には一定の期間において休職するという選択をとられる方も沢山いらっしゃいますし、休職そのものが不可能ということになれば離職という選択をとらざるをえなくなります。

しかし、いざ子供ができてしまえば、どうしてもその期間は「仕事よりも育児」に時間を割く必要が出てきますので、このような選択をとる事も仕方がないのではないかと思います。

【昨今、変わってきた女医の育児事情】

これまでは、前述のように非常に厳しい環境が続いていたわけですが、昨今では「女医の労働環境を改善しよう」という動きか活発化している背景もあり、次第にではありますが、様々な改善傾向がみられるようになっています。
目的としては離職を防ぐこと、あるいは復職を支援することということで、このような動きが出てきているのですが、これによって既に多くの女医の方が恩恵を受けているようです。

一例としては、24時間利用可能な保育所を併設する医療機関が増加しているという点が挙げられます。
女医専門のバンクを設けることによって、みなさんが働きやすい勤務体系をとることができるよう働きかける団体(当直、オンコール、夜勤による負担を軽減さえるための仕組み作り)なども増加しており、
これまで長い間続いてきた課題に対して、今様々な取り組みがなされるようになっています。

まだ、女医の多くの方に対するニーズを満たしているとは言えない状況ではあるものの、それでも代替の医師を補充するなどの選択を行うようになっている医療機関が増加していることは確かです。
解決されていない問題は数多く残っているものの、今後は更に「仕事と育児の両立」がうまく回るように、多くの取り組みが発展していくことでしょう。