女性医師の雇用の状況と医師雇用全体の流れ

雇用に関しては、女性と男性との間で、少し違った部分があることについては既に皆さんもご存じではないかと思います。

その理由となるのは「結婚や出産、育児」といったタイミングによって、離職を検討する女性が多いことが挙げられています。

そこで、今回は女性医師の実際の雇用に関する状況などを、色々とお伝えしてまいりたいと思います。

【増加する女性医師と、それを支えようとする環境の変化】

近年、女医の数は増加の一途をたどっており、約10年ほど前からみれば、その数はおよそ2倍程度にもなっています。
しかし、男性医師の数はそれほど変わっていないことから、女性が医師という仕事を目指す機会が広まっていると考えることができるでしょう。

その一方では、30代の前後から第一線を離脱する方が増えてくるのも一つの現実です。
そのため、職場や診療科目によって少々の偏りがあることは間違いありません。
これは、簡単に言ってしまえば「理解があるかどうか」が、診療科目、あるいは医療機関によって異なっていると表現することもできます。
全体的な雇用に関しては、女性だから、あるいは男性だからということで大きな差が出るといったことは今のところ確認はされていません。

つまり、基本的には女性だから転職が難しい等のマイナス面があるわけではないのです。
ただ、前述の通り、一定の年齢に達するとどうしても女性ならではの課題が出てきます。
これまでは、その課題に対して医療機関側も辞めてもらおうと一方的な部分があったものの、昨今では続く医師不足などの状況もあってか、女性医師の復帰支援を行うところも増えています。
一時的に離脱することはあれど、その後の復帰を促してくれる組織の増加、また、再雇用を行う医療機関、全体としては女性医師の継続的な雇用を歓迎するムードが広まっているというのが現状です。

実際に現場で働いている方々も、出産や育児が落ち着いてきたら、できれば何らかの形で仕事に携わっていたいと考える方も多く、医師転職サイトや専門の機関にはそのような相談が数多く持ち込まれています。

また、華やかな復帰を迎える方もたくさんいらっしゃることから、少し不安に感じるような雇用状況に見えますが、少なくとも「フルタイムでの常勤勤務」「パートタイム的な非常勤勤務」に戻れることは間違いないでしょう。
その点では、安心してもいいのではないかと思います。